So-net無料ブログ作成

「nasne」の出荷が間もなく終わってしまうそうです [AV機器]

まだSONYからの公式発表があったわけでは無いようですが、先日nasneの仕様などが書かれているページでステータスがひっそりと「近日出荷完了予定」に変更されました。非公式な情報としてはAV Watchがソニー広報の話として今の所HDD増量版や4K対応版などの発売予定は無く、出荷完了後に製品ページをアップデートする予定と伝えています。

「近日出荷完了予定」とは書かれているもののそれが一体いつになるかは不明です。1ヶ月先の話なのかこの先3ヶ月くらいの余裕はあるのかといったことは知る由もありません。これを受けて各オンラインショップではこの1週間ほど入荷しては即売り切れという状態が続いています。焦る必要はまだ無いかも知れませんが、購入を考えている場合は早めに確保しておいた方がよさそうですね。Amazonでも7/10頃入荷予定として下記リンクページで予約を受け付けているようですが、現時点でどの程度のバックオーダーが入っているかは分かりませんし、入荷予定数も不明なので予約してもキャンセルされる可能性がある点には注意してください。

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004) 【Amazon.co.jp特典】アンテナ2分配器+テレビアンテナケーブル 付 & オリジナルカスタムテーマ 配信

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004) 【Amazon.co.jp特典】アンテナ2分配器+テレビアンテナケーブル 付 & オリジナルカスタムテーマ 配信

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • メディア: Video Game
気になるのは出荷完了後にnasneの利用にどのような影響が出るのかどうかということですが、こちらも現時点では不明でSonyからのアナウンスを待つほかありません。番組表の提供が続く限り普段の録画・視聴には支障は出ないと思われますが、「トルミル機能」やニコニコ動画のコメント表示などを利用している場合にはサービス終了の可能性も考慮しなければならないでしょうね。ただこうした影響があるとしても出荷終了=サービス終了となるとは考えにくいですね。まあ最低でも1年程度は大丈夫だと思いますが果たして・・・。


2012年にPS3の周辺機器として登場した「nasne」は搭載しているHDDの不具合の可能性からの出荷前全数再検査となって発売予定日が1ヶ月半延期されるなど立ち上がり時に混乱はあったもののコンパクトなボディに地デジ・BS・CSの3波チューナーを搭載しつつリーズナブルな価格設定であったことなどから順調に販売を伸ばし、1TBのHDDを搭載したモデルの追加やDLNA、DTCP-IPへの対応など地道に機能追加も計られて来ました。スマートフォンやタブレット端末・PCからの視聴にも対応し、外出先からのリモート視聴にまで対応するなど最早ただのゲーム機の周辺機器とは言えない存在として根強い人気を持っていたと思います。

反面ハードウェア的な進化は無かったため、外付け出来るHDDのファイルフォーマットがFAT32に限られたことから2TBまでしか認識できず、SMBも既にセキュリティ的な問題から非推奨とされている1.x世代にしか対応できないなど今となっては時代遅れと言わざるを得ない部分は出てきていました。発売開始からもうすぐ7年ですからね。これは致し方ないとは思います。

nasne-1.jpg私も1台使っていたのですが購入したのが2014年の9月でもうすぐ5年になろうとしていたのでこの出荷完了のニュースを見て慌ててもう1台確保しました。今の所不具合はありませんがさすがに危険な領域に入ってきてましたからね。外出先からのリモート視聴などはしていませんが、日常的にPCのサブ画面に「PC TV Plus」という別売りのソフトを使って表示させたりiPadで「Video & TV SideView(こちらも別売)」というアプリを使って寝床で見たりと手放せない存在になっているのでそのうち機能的な制限がでてくるかも知れないという懸念はそうなった時に考えることにしました。

LANケーブルとACアダプタ、アンテナ線さえつなげられればテレビやモニターの近くに置かなくてもよいという設置場所の自由度も魅力なのですよね。それこそ1Fに機器を設置しておいて2Fで観るなんてことも容易です。特にゴロゴロしながら観たり録画番組の予約ができるiOSの「Video & TV SideViewは非常に重宝してます。ただiPadとiPhone両方で観ようとするとそれぞれでライセンスを購入する必要がある(600円x2)のが玉に瑕ですね。(使うときに認証を切り替えるということも出来なくはありませんが。)

PC TV Plus」の方は7月1日付でVer.4.0の配布が開始されています。nasne以外にもSONY製でないテレビやBDレコーダー、 IODATA の「REC-ON」などでも使えるようなので仮にnasneとの連携が取れなくなってしまったとしても全くの無駄になってしまうことはないかなと思います。14日間の無料体験期間がありますので興味のある方は一度試してみて下さい。

併せて「PC TV Plus」用の「拡張パック」の販売も始まっています。ただ拡張パックは年額2000円(税抜)と流行のサブスクリプションモデルになってしまいましたね。BDへCMなどをカットした状態での書き込みやSeeQVault対応機器からのムーブバックなど便利な機能が追加されていますが個人的には「PC TV Plus」本体の3000円(税抜)にプラスして年額2000円は高く感じますねえ。体験機能は用意されていますが「本サービス未購入でアプリを利用したときは、サーバー機能を有効化してから15分間、本機能を体験利用できます。」という但し書きがあります。15分はさすがに短い気もしますが・・・。


☆ 追記 ☆

SONY Store の方が入荷終了になってしまっていますね。やはり今月分くらいで終わりそうな気配です。
   ⇒7月27日現在「こちら」で既に「出荷完了」となっていますね。いよいよ終わりですか・・・。





nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。